2008年 第32号

全文を読む(PDF形式)

〈特集〉共和主義と現代――思想史的再考――
〈論文〉
田中秀夫 序論 復活する共和主義【その様々な可能性】
小田川大典 現代の共和主義【近代・自由・デモクラシー】
厚見恵一郎 初期近代共和主義研究への視角【ルネサンス・フィレンツェと十七世紀イングランド】
川合清隆 ルソーの共和主義理論【その歴史的意義をめぐって】
犬塚元 拡散と融解のなかの「家族的類似性」【ポーコック以後の共和主義思想史研究 一九七五-二〇〇七】
小田川大典/厚見恵一郎/川合清隆/犬塚元 コメント
田中秀夫 総括
〈公募論文〉
大塚雄太 クリスティアン・ガルヴェにおける人間・社会・モラル【「流行論」にみる現実的人間と通俗哲学の可能性】
倉科岳志 叛逆する若者たち【パピーニ、プレッツォリーニの参戦運動(一九一四-一五年)】
石田雅樹 「全体性」としての政治、「世界性」としての政治【レオ・シュトラウスとハンナ・アーレントにおける「政治」と「哲学」】
松谷邦英 「武器なき預言者」のアゴニズム【ジャック・エリュールの暴力論における「反政治」の論理】
見附陽介 A・ホネットの物象化論【その可能性と限界について】
〈書評〉
堀田誠三 『マキャッヴェリの拡大的共和国――近代の必然性と「歴史解釈の政治学」』(厚見恵一郎著)
生越利昭 『ジョン・ロック『寛容論』の研究』(山田園子著)
鳴子博子 『ルソーとジュネーヴ共和国――人民主権論の成立』(川合清隆著)
喜多見洋 『フランス自由主義の成立――公共圏の思想史』(安藤隆穂著)
佐野誠 『闘争と文化――マックス・ウェーバーの文化社会学と政治理論』(野口雅弘著)
八田幸二 『ベヴァリッジの経済思想――ケインズたちとの交流』(小峯敦著)
中谷義和 『アメリカン・ナショナリズムの系譜――統合の見果てぬ夢』(小林清一著)
田中智彦 『テイラーのコミュニタリアニズム――自己・共同体・近代』(中野剛充著)
安田常雄 『文明化の経験――近代転換期の日本』(安丸良夫著)
英文抄録/英文目次
公募論文投稿規定/公募論文審査規定/執筆要領
編集後記

過去の投稿

日本学術会議推薦者の任命拒否についての声明

2020年10月1日、日本学術会議が推薦した新たな会員候補105名のうち6名についての任命が拒否された件について、社会思想史学会幹事会は、同6日付で声明を発表しました。(声明文はコチラ