2007年 第31号

全文を読む(PDF形式)

特集「啓蒙」の比較思想史-思想史の方法論的視座を問う(三)
伊藤定良+西川杉子+堀田誠三 〈座談会〉「国民国家」が孕むトランスナショナルなコンテクスト
Ⅰ 国民国家形成とマイノリティ問題
Ⅱ 国家を超えたネットワーク
Ⅲ ナショナリズムとインターナショナリズム
〈研究動向〉
崎山政毅 ラテンアメリカ思想史研究動向
後藤浩子 共和主義研究からみた思想空間としての「東中欧」の重要性
〈書評〉
細井保 『カトリック政治思想とファシズム』(村松惠二著)
別所良美 『竹内好という問い』(孫歌著)
〈公募論文〉
対馬美千子 「私たちのもつ唯一の内なる羅針盤」 【アーレントにおける構想力の概念】
箱田徹 エロスの技法を再読する 【フーコー統治論の形成過程】
〈研究動向〉
田中拓道 ジャコバン主義と市民社会 【十九世紀フランス政治思想研究の現状と課題】
川越修 「社会」をめぐる思想史研究と歴史研究
〈書評〉
大田一廣 『欲求と秩序――十八世紀フランス経済学の展開』(米田昇平著)
三島憲一 『芸術の条件――近代美学の境界』(小田部胤久著)
加藤哲郎 『社会主義インターナショナルの群像 一九一四―一九二三』(西川政雄著)
若尾政希 『昭和史論争を問う――歴史を叙述することの可能性』(大門正克編著)
英文抄録/英文目次
公募論文投稿規定/公募論文審査規定/執筆要領
編集後記

過去の投稿

日本学術会議推薦者の任命拒否についての声明

2020年10月1日、日本学術会議が推薦した新たな会員候補105名のうち6名についての任命が拒否された件について、社会思想史学会幹事会は、同6日付で声明を発表しました。(声明文はコチラ