2003年 第27号

全文を読む(PDF形式)

特集 思想史研究の新たな展開にむけて
坂上孝+松岡利道+三島憲一 Ⅰ 〈座談会〉思想史にとってのヨーロッパ
Ⅱ 思想史研究における「現場」の諸相
〈公募論文〉
清水瑞久 大西祝にみる身体の新しい地図作成【審美論からの考察】
河上睦子 〈女性、身体、自然〉への現代的視角
浅野俊哉 群衆―多数性マルチチュード〉の危機と倫理性をめぐって
〈研究動向〉
大川正彦 〈不正義の経験〉論のほうへ
寺田光雄 歴史認識形成【グローバリズム下でのその主体的・客観的危機をめぐって】
〈公募論文〉
西山拓 石川三四郎の非進化論【共生社会の探究】
坂昌樹 ドイツ啓蒙とその「内部」
佐山圭司 ベルン期ヘーゲルのキリスト教批判と「民衆宗教」構想
〈書評〉
梅津順一 『大塚久雄と丸山眞男―動員、主体、戦争責任』(中野敏男著)
福井直秀 『〈民衆〉と〈愛国〉―戦後日本のナショナリズムと公共性』(小熊英二著)
水田洋 『伝統の創造力』(辻井喬著)
丸山敬一 『言語としての民族―カウツキーと民族問題』(相田愼一著)
野村真理 『社会主義シオニズムとアラブ問題―ベングリオンの軌跡 一九〇五-一九三九(森まり子著)
〈研究動向〉
柳沢哲哉 経済学と倫理学
藤野寛 虚構としての文化【文化理論をめぐる最近の議論について】
〈学界動向〉
安田常雄 同時代史の方法とアクチュアリティ【同時代史学会の発足を通して考えたこと】
英文抄録/英文目次
公募論文投稿規定/公募論文審査規定/執筆要領
編集後記

過去の投稿

日本学術会議推薦者の任命拒否についての声明

2020年10月1日、日本学術会議が推薦した新たな会員候補105名のうち6名についての任命が拒否された件について、社会思想史学会幹事会は、同6日付で声明を発表しました。(声明文はコチラ