1995年 第19号

全文を読む(PDF形式)

【第19回大会記録/シンポジウム1/柳田国男の現代的意義】
川田稔 「柳田国男における国民国家構想と内面的倫理形成の問題」
福井直秀 「日本人の形成と教育」
福田アジオ 「柳田国男の民俗学研究と危機意識」
藤井隆之 「産業組合における経済と倫理」
【第19回大会記録/シンポジウム2/リベラリズム、コミュニタリアニズム、アナキズム】
川本隆史 「リベラリズムにおける生けるものと死せるもの」
飯島昇蔵 「コミュニタリアニズムの政治哲学—マイケル・ウォルツアの所説を手掛かりにして—」
左近毅 「リバータリアニズムと「自由主義」をめぐる論争」
【第19回大会記録/自由論題】
杉本貴志 「ロッチデール一五〇年—共同組合思想史における「労働」の問題」
宮本真也 「生活世界の限界と越境」
馬渕浩二 「自然史的立場とは何か—マルクスの歴史論再考—」
石塚省二 「G・ルカーチ『社会的存在の存在論に向けて』の現代社会哲学史上の意義」
北村浩 「<日常>概念の再検討—ドイツ日常史派を手がかりにして—」
【第19回大会記録/特別報告】
白井厚 「慶応義塾大学における社会思想史研究と太平洋戦争」
【第19回大会記録/インフォーマル・セッション】
有江大介 「田中正司『アダム・スミスの自然神学』(一九九三年)をめぐって」
篠原洋治 「初期社会主義—フーリエにおける情念・労働・家族」
太田仁樹 「(A)最近のわが国のマルクス以後のマルクス主義研究の動向から」
倉田稔 「(B)ポスト・マルクス研究の新たな可能性」
安川寿之輔 「日本の近代と福沢諭吉の女性論—日本の社会は福沢を漸く過去の思想家とし得るか?—」
清水多吉 「フランクフルト学派—「公共性」をめぐる問題—」
【公募欄文】
浅野俊哉 「スピノザにおける集団的共同の理論—「活動力」(potentia agendi)概念を中心として—」
後藤浩子 「ペイン的ラディかリズム—市民政府と市民社会の峻別—」
福田俊章 「カント『道徳の形而上学』における実質的義務の理論—「同時に義務でもある目的と徳義務」—」
【書評】
清水多吉 「高橋眞司『長崎にあって哲学する—核時代の生と死—』」
石塚正英 「佐藤茂行『イデオロギーと神話—パレートの社会科学論—』」

過去の投稿

日本学術会議推薦者の任命拒否についての声明

2020年10月1日、日本学術会議が推薦した新たな会員候補105名のうち6名についての任命が拒否された件について、社会思想史学会幹事会は、同6日付で声明を発表しました。(声明文はコチラ