1977年 第1号

全文を読む(PDF形式)

【第1回大会記録/シンポジウム1/社会思想の諸類型】
出口勇蔵 「社会思想の諸類型」
竹原良文 「ドイツ・ロマン派の政治理論と実践」
中村雄二郎 「フランス型思想について」
【第1回大会記録/シンポジウム2/1930年代の社会思想】
早坂恵 「一九三〇年代の経済学の状況」
清水多吉 「一九三〇年代のドイツ社会哲学—M・ホルクハイマーの場合—」
佐藤康邦 「バウハウスの解体」
【第1回大会記録/自由論題】
松浦高嶺 「クリストファ・ヒルの歴史観の変遷」
【論文】
安川悦子 「ジョジフ・チェンバレンにおける「改革」と「帝国」」
高幣秀和 「初期ルカーチにおける弁証法的方法の成立」
寺田光雄 「ドイツ近代化と秩序意識の転換」
【研究展望:トマス・モア研究】
沢田昭夫 「戦後の欧米におけるモア研究」
田村秀夫 「ソヴェトにおけるモア研究」
伊達功 「日本におけるモア研究」
【書評】
河上倫逸 「上山安敏『憲法社会史』」
松浦高嶺 「岸田紀『ジョン・ウェズリ研究』」
佐々木光 「宮島喬『デュルケム社会理論の研究』」
日高八郎 「『土居光知著作集』」
平井俊彦 「木崎喜代治『フランス政治経済学の生成』」
【海外研究動向】
西川正雄 「第2インターナショナル史の旅とヨーロッパの文書館・図書館」
吉岡斉 「Perspectives on the Emergence of Scientific Disciplines」
水田洋 「マンドヴィル研究の現状」

過去の投稿

日本学術会議推薦者の任命拒否についての声明

2020年10月1日、日本学術会議が推薦した新たな会員候補105名のうち6名についての任命が拒否された件について、社会思想史学会幹事会は、同6日付で声明を発表しました。(声明文はコチラ