ホーム » 年報『社会思想史研究』について

年報『社会思想史研究』について

社会思想史学会では年報『社会思想史研究』(藤原書店:26号~)を発行しています。年報の主な内容は、特集、公募論文、書評などです。

 

投稿論文募集について

★論文の投稿をする場合には、当該年度までの学会費を納入してください。会費の納入がない場合は投稿論文を受理しないことがあります。
★最新情報が「お知らせ」に載っていることもありますので、併せてご確認ください。

 

「公募論文投稿規程」改定のお知らせ(2017年11月)

投稿規程審査規程が新しくなりました。投稿の際は必ず投稿規程をご確認ください。なお第43号から投稿論文の〆切が7月31日(事務局必着)に変更されています。ご注意ください。
・詳しくは「公募論文投稿規程」をご覧ください。当該年(年度ではない)の7月31日締め切りの論文が、次の年の年報掲載対象(9月出版予定)となります。
※適用は2019年発行の第43号(投稿論文の締切りは2018年7月31日)からとします。

 

その他

・投稿論文が不採用になった場合、同一主題の論文の投稿回数を3回までとする。なお、論文が以前に投稿したものと内容的に同一主題か否かの判断は編集委員に一任する。(2006年4月15日幹事会にて承認)
・年報執筆者に対する抜き刷りの製作は行っておりません。あらかじめご了承ください。
・「年報掲載証明書」および「年報投稿論文受領書」の証明書を発行しております。必要な方は事務局までご連絡ください。

 

書評対象本募集

『社会思想史研究』の書評欄で採り上げるべき書評対象候補となる本を会員から募集しております。推薦理由と書評者候補も付記してください。書評対象本の執筆者と書評者の両方、あるいはいずれか一方が会員であるような形でご推薦ください。なお、特集など年報そのものの編集にかかわる問題ですので、書評される本、評者の決定に関して、最終的な決定権は編集委員会にあります。あらかじめご了承ください。ご連絡先は、事務局shst-office@shst.jp です。