ホーム » Home » 社会思想史学会大会のご案内 » 過去の大会情報 » 第45回(2020年度)大会 自由論題事後報告

第45回(2020年度)大会 自由論題事後報告

第45回(2020年度)大会 自由論題事後報告(12月中旬頃まで公開)

報告者・タイトルをクリックすることで、自由論題の事後報告が読めます。

 

(石田 雅樹)ジョン・デューイにおける「デモクラシーと教育」の変貌

(今池 康人)社会主義批判としての暗黙知概念―マイケル・ポランニーの暗黙知と自生的秩序論

(岩井 洋子)三木清の「協同主義」再考

(岩瀬 みゆき)野上弥生子の女性啓蒙論

(上田 悠久)マナーズ論としての宗教論――ホッブズとヒュームにおける哲学と歴史

(越智 秀明)啓蒙思想の理論と実践―ーフランスの共和主義思想に対するバール連盟の応答

(川野正嗣)ポスト歴史時代の自由の所在――エルンスト・ユンガーの紀行文を手掛かりに

(小泉 空)セキュリティと集団性―ポール・ヴィリリオのセキュリティ論

(清水 雄大)真理、統治、主体性:フーコーの真理概念に関する一試論

(白瀨 小百合)アンリ・サン=シモンによる産業体制構想と「管理」の概念

関口 佐紀)ルソーにおける祖国愛の醸成とナショナル・キャラクターの効果

(田中 昌平)P.-J. プルードンとロベスピエール

(陳 怜美)ジャン・アメリーにおける反シオニズム/反ユダヤ主義

(ドリンシェク、サショ)同情と力:ニーチェと金子文子の虚無主義の差異かつ無政府主義との適合性

(西田 尚輝)「本質的に論争的な概念」の歴史性――19世紀から20世紀初頭のフランスにおける失業の概念史

(成田 龍一朗)シュティルナーにおける連合~所有の問題を手掛かりとして~

(長谷川 健司)〈種-政治 gene-politics〉の言説:北一輝『国体論』の思想史的検討 

(深谷 舜)ゲージ・ポリティクスのために――イギリスの帝国主義的統治・技術・環境 

(山口 晃人)エピストクラシー:「知者の支配」再検討

(山本 千寛)アンリ・ルフェーヴルと「遅れ」の思考

(渡辺恭彦)新カント派受容の諸相―京都学派と左右田喜一郎に即して

(和田 昌也)ハンナ・アーレントの「批判」概念―「新しい政治哲学」の方法論の一考察