ホーム » Home » 社会思想史学会大会のご案内

社会思想史学会大会のご案内

 

第46回大会は、2021年10月30日(土)・31日(日)に、オンライン開催にておこないます。参加される会員は、下記の要領を参照してください。

大会プログラムは、こちらをクリックしてください

(※セッション・自由論題の報告者は、こちらを参照してください)

 

 なお、報告資料等をダウンロードする際には、共通パスワードが必要となります(『会報』87号に記載されておりますので、そちらをご参照ください)。共通パスワードは会員限定となりますので、管理には十分ご注意ください。

 

大会スケジュール

10月30日(土)

10:00-12:00

 

セッションA

社会思想におけるリプロダクション:社会と再生産する身体

 参加(アクセス)方法

 報告資料

セッションB

書評会:上田悠久『〈助言者〉ホッブズの政治学』

 → 参加(アクセス)方法

 

12:30-14:30

 

セッションC

18・9 世紀ドイツの社会経済思想

 参加(アクセス)方法

セッションD

戦後思想再考――《始まりを問い質す》その1

 参加(アクセス)方法

 

14:50-17:30

シンポジウム

17:45-18:30

総会

 

10月31日(日)

10:00-12:00

 

セッションE

アリストテレスを受容する:18世紀啓蒙の一契機

参加(アクセス)方法

     

12:30-14:30

 

セッションF

ルソー論の現在―『ルソー論集―ルソーを知る、ルソーから知る』を読む

参加(アクセス)方法

セッションG

アメリカ批判理論の挑戦――新自由主義と権威主義の批判

参加(アクセス)方法

セッションH

福祉国家の思想史:橋本努『自由原理――来るべき福祉国家の理念』を読む

参加(アクセス)方法

 

15:00-17:00

セッションI

マルクス主義とレイシズム

参加(アクセス)方法

セッションJ

井上弘貴『アメリカ保守主義の思想史』(青土社 2020年)を読む

参加(アクセス)方法

セッションK

自然と霊性――エルンスト・ブロッホの思弁哲学

参加(アクセス)方法

セッションL

政治とおろかさについて――Nobutaka Otobe, Stupidity in Politics (Routledge, 2020)を読む

参加(アクセス)方法

17:30-19:00

自由論題報告者を囲む懇親会(参加される会員はこちらへ)

 

・シンポジウム、総会について

オンライン配信方式でおこないます(詳細は、追ってお知らせいたしますので、少々おまちください)

 

・セッションについて

 各セッションは、任意のオンライン配信(Zoom等)でおこないます。各セッションの参加(アクセス)方法は、上記大会スケジュールのなかの各セッションの「参加(アクセス)方法」(赤字の部分)をクリックすると、入手できます(10月24日~31日公開、共通パスワード要)。

  (※セッション報告結果は、11月中旬をめどに当ホームページ上に掲載されます)

 

・自由論題報告について

ホームページ上に報告原稿を掲載し、メールにて質疑をおこないます。各報告原稿は、下記から入手できます(10月24日~31日公開、共通パスワード要)。

自由論題報告原稿一覧はこちらをクリック

 質疑応答は電子メールを用いておこないます。質問やコメントは、報告原稿に記載されたメールアドレスに送ってください(かならず氏名・所属を明記してください)。

 報告原稿掲載および質問・コメント受付期間:10月24日(日)~31日(日)

 ※質問・コメントに対し、各報告者は11月7日(月)を目途にリプライをおこないます。

※報告および質疑応答の概要は、11月中旬をめどに当ホームページ上に掲載されます(なお、この概要には、質問・コメントをおこなった会員の氏名・所属は記載されません)。

 

・「自由論題報告者を囲む懇親会」について

 今年度の新企画「自由論題報告者を囲む懇親会」は、自由論題報告者の皆様に、自己紹介とご自分の報告の概要をお一人につき5分程度でアピールして頂くオンライン(リアルタイム)の催しです。自由論題報告者に限らず、広く学会員の皆様に参加して頂き、主としてzoomのチャット機能で、自由論題報告者と交流して頂くことを考えております。大会担当幹事が主催し、盛り上げ役を務めます。

「報告原稿を読んだ。面白かったので、報告者に一声かけたい」「原稿を読んでいないけれど耳学問したい」、その他諸々、学会員の皆様に気軽にご参加いただき、楽しく和やかな交流会としたいと考えています。あくまでも自由参加の懇親会ではありますが、自由論題報告者ならびに学会員の皆様のご参加をお待ちしております!

 参加される方はこちらの案内をご覧ください。