最新のお知らせ



バックナンバー

月別一覧

一月もどる

一月おくる


事務局・幹事会からのお知らせ バックナンバー


2011年11月3日(木) 自由論題報告の募集要項がかわりました

【1】自由論題報告の発表をご希望の方は、3月末日の第一次エントリー時に、発表タイトル、発表者名(所属)、1400字〜1600字(A4一枚以内)の報告要旨を事務局までお送りください。郵送の場合は電子データを同封してください。

メールアドレスをお持ちの方はこのページの「お申し込み」から申請できますのでご利用ください。

【2】正式エントリーの締め切りは5月末日(事務局必着)です。発表タイトル、発表者名(所属)、3000字程度の報告要旨を事務局までお送りください。

【3】『大会報告集』の原稿提出締め切りは7月10日(事務局必着)です。A4で5枚以上6枚以内(約10,000〜12,000字程度、執筆様式)の『大会報告集』用の原稿をお送りください。メールに電子ファイルを添付してご提出ください。郵送の場合は電子データを同封して下さい。期日までに規定枚数の原稿が事務局に到着しない場合は、当該の報告が取り消しとなりますので、ご注意ください。


*『大会報告集』原稿(【3】の段階)で、エントリー時のタイトルを変更することもできます。
*正式エントリーの締め切りは5月末日となっています。
*報告を希望する非会員の方は、5月末日のエントリー以前には入会手続きをお済ませください。仮承認の手続きには2週間ほどかかる場合がございます。


詳細は、大会情報をご確認ください。

2011年11月4日(金) 年報No.36書評推薦のお願い 〜社会思想史学会会員のみなさまへ〜 

次号の『社会思想史研究』(36号、2012年秋刊行予定)に掲載する「書評」対象本について会員の皆様にご推薦をお願いいたします。

1.対象本
 この1年以内に出版された社会思想史文献で、「書評」の対象として取り上げるにふさわしいと思われるものをご推薦ください。ただし、特に重要と思われるものにつきましては、2年以内の本でも結構です。古典、または古典に準ずる作品の翻訳についても対象とします。洋書は原則として対象外としますが、あえて推薦された場合は、編集委員会で検討します。

2.必要事項
 推薦される本については、1著者名(翻訳は続けて訳者名)、2題名、3出版社名、4出版年月を明記し、さらに5推薦理由(2〜3行で結構です)を必ずつけてください。また、6評者候補をご推薦いただければ幸いです。

3.条件
 「書評」に関しましては、著者または評者が本学会員であることが条件となっております。著者が会員でない場合には、会員の評者をご推薦ください。

4.選考方法
 「書評」本は、ジャンル、地域、時代、推薦理由などを考慮して、編集委員会で決定します。

以上、2011年11月20日(日)までに期日厳守で、学会事務局まで推薦をお寄せください。
なお、学会事務局のアドレスはです。できるだけ、メールでお願いしますが、郵送の場合は下記の学会事務局宛にお送りいただければ、11月20日(日)必着でお受けします。

〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1
  立命館大学文学部 崎山政毅研究室内 

ご不明な点などありましたら、学会事務局までお尋ねいただければ、書評担当がお答えします。

書評担当編集委員


Akiary v.0.51