大会のご案内


大会報告募集要項



(1)大会報告(セッションを含め)の申し込みをする場合には,当該年度までの学会費を納入してください。会費の納入がない場合は原則として報告が認められません。

(2)開催校事務局では,大会当日のプリントアウトおよびコピーは一切受け付けておりません。報告者は各自あらかじめ発表の準備をしてきて下さい。

(3)報告でOHP・パワーポイント等の機器を使用する方は,『大会プログラム・報告集』原稿の締め切り日(7月10日)までに事務局(shst-office@shst.jp)に申し出て下さい。あらかじめ申し出のない場合は,機器の使用はできませんので,ご注意下さい。

(4)編集の都合上,ご報告原稿はWord形式の電子ファイルを電子メール添付で,期日までに事務局(shst-office@shst.jp)にお送りください。校正はありませんので、ご注意ください。 また,文字のフォント,ポイント数,レイアウト等は事務局で変更する場合がありますので,あらかじめご了承ください。

(5)執筆要綱は『社会思想史研究』に準じます。ただし,横書きに限ります。数字はアラビア数字で結構です

大会自由論題報告およびセッションの募集

(1)自由論題報告の募集

【1】自由論題報告の発表をご希望の方は3月末日の第1次エントリー時に発表タイトル,発表者名(所属),(40字×40行でA4一枚以内)の報告要旨(Word形式の電子ファイル)を電子メール添付で事務局(shst-office@shst.jp)にお送りください。

【2】正式エントリーの締め切りは5月末日(事務局必着)です。発表タイトル,発表者名(所属),3000字程度の報告要旨(Word形式の電子ファイル)を事務局までお送りください。

【3】『大会プログラム・報告集』の原稿提出締め切りは7月10日(事務局必着)です。A4(40字×40行)で4枚以上6枚以内(厳守)(注・参考文献・図表等をふくむ)の『大会プログラム・報告集』用の原稿(Word形式の電子ファイル)を電子メール添付でご提出ください。上記締め切り日までに規定枚数の原稿が事務局に到着しない場合は当該の報告が取り消しとなりますので,ご注意ください。

※『大会プログラム・報告集』原稿(【3】の段階)で,第1次エントリー時のタイトルを変更することもできます。
※報告の正式エントリーの締め切りは5月末日となっています。報告を希望する非会員の方は,5月末日のエントリー以前に入会手続きを完了して下さい。会員の方が新入会員をご推薦いただく場合にはご注意ください


(2)セッションの募集

【1】セッションの開催をご希望の方は,3月末日までに事務局(shst-office@shst.jp)までご連絡ください。この段階ではセッション名と世話人名のみで結構です(やむを得ず3月末までにご連絡がなかった方も,下記5月末日の締め切りまでエントリー可能です)。
※セッションは,かならず「世話人」「報告者」「討論者」を立てて,複数名で構成してください。その際,フロアとの討論時間の確保(少なくとも40-45分程度)に留意してください。

【2】エントリーの最終締め切りは5月末日(事務局必着)です。セッション名,世話人名(所属),報告者名(所属),討論者名(所属)および当該セッションの趣旨(A4版40字×40行で1枚以内)を電子メール添付(Word形式の電子ファイル)で事務局(shst-office@shst.jp)までお送りください。なお,セッションの予想参加者数もあわせてお知らせください。

【3】セッションにつきましては大会後の事後報告をお願いしています。セッション趣旨,報告・討論内容,フロアとの質疑応答,おおよその参加者数などについて4000字程度でまとめていただき,大会開催後の年末(12月31日)までに電子メール添付(Word形式の電子ファイル)で事務局(shst-office@shst.jp)までお送りください。後日,学会HPに掲載いたします。