ホーム » news » 『社会思想史研究』No.45書評推薦のお願い

『社会思想史研究』No.45書評推薦のお願い

『社会思想史研究』No.45書評推薦のお願い 社会思想史学会会員の皆様へ

 

例年のとおり、次号の『社会思想史研究』(45号、2021年秋刊行予定)に掲載する「書評」対象本につき、会員の皆様にご推薦をお願いいたします。

 

1.対象本

この1年以内(2019-2020年)に出版された社会思想史文献で、「書評」の対象として取り上げるにふさわしいと思われるものをご推薦ください。ただし、特に重要と思われるものにつきましては、2年以内の本でも結構です。翻訳については、古典、または古典に準ずる作品を優先します。外国語の書籍は原則として対象外としますが、あえて推薦された場合は、編集委員会で検討します。

 

2.必要事項

推薦される本については、著者名、題名、出版社名、出版年月を明記し、さらに推薦理由(2~3行で結構です)を必ずつけてください。また、評者候補をご推薦いただければ幸いです。

 

3.条件

「書評」に関しましては、著者または評者が本学会員であることが条件となっております。著者が会員でない場合には、会員の評者をご推薦ください。

 

4.選考方法

「書評」本は、ジャンル、地域、時代、推薦理由などを考慮して、編集委員会で決定します。

 

ご多忙な時期かと存じますが、2020年11月20日(金)までに期日厳守で、学会事務局まで推薦をお寄せください。学会事務局のアドレスは、<shst-office@shst.jp>です(メーリングリスト投稿アドレス(@googlegroups.comで終わるアドレス)ではありませんのでご注意下さい)。できるだけ、メールでお願いしますが、郵送の場合は11月19日(木)必着で学会事務局宛にお送りください。

ご推薦、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

2020年10月29日  『社会思想史研究』編集委員会

過去の投稿

日本学術会議推薦者の任命拒否についての声明

2020年10月1日、日本学術会議が推薦した新たな会員候補105名のうち6名についての任命が拒否された件について、社会思想史学会幹事会は、同6日付で声明を発表しました。(声明文はコチラ