ホーム » news » 第45回大会を盛況のうちに終了いたしました

第45回大会を盛況のうちに終了いたしました

10月24・25日、社会思想史学会第45回大会が開催され、無事に終了しました。新型コロナウィルス禍という未曽有の事態のため、当初予定していた東京大学駒場キャンパスでの開催を断念し、オンライン開催というはじめての試みとなりましたが、今年度シンポジウム「社会批判はなおも可能か?」(Zoom会議・Youtube配信)をはじめ、9のセッション(各セッションによるZoom会議)、22の自由論題報告(HP上に報告原稿掲載)が行われ、盛会のうちに追えることができました。ご登壇・ご参加いただいた皆さまに感謝いたします。

第45回のプログラム、事後報告などはこちら

過去の投稿

日本学術会議推薦者の任命拒否についての声明

2020年10月1日、日本学術会議が推薦した新たな会員候補105名のうち6名についての任命が拒否された件について、社会思想史学会幹事会は、同6日付で声明を発表しました。(声明文はコチラ